RCJ2021千葉ノード大会

11/15(土)、ロボカップジュニア千葉ノード大会に参加してきました。

今年はコロナウィルス感染対策として、無観客で競技種別に日にちあるいは時間を分けて行われました。
会場に入れるのは、選手とスタッフ、メンターのみで、スタッフも最小限の人数で運営されています。また、競技回数も例年は2回のところ、1回のみの一発勝負となりました。

感染者数の増加が目立ってきています。1月開催予定の関東ブロック大会はどのようになるのでしょうか。。。

ロボカップジュニアのレスキュー競技では、今年もいくつかルールが改定されています。日本リーグは交差点がなくなったこと、被災者がボールではなく床に貼られたシールとなったことで、だいぶ取り組みやすくなりました。それでも初心者には難しいことに変わりはありませんが・・・
ルールの大きな変更点は以下でしょうか。

  • 選手の年齢制限が中学生以下となった
  • 被災者は、ボールではなく人を象ったシールとなりった
  • 交差点がなくなった

参加者も例年より少なく、少し寂しい雰囲気の中の調整作業。ある意味集中しやすかったかもしれません。
当教室の生徒はというと、フィールドの素材や照明などの違いもあり、なかなかうまくいかない様子です。問題が起こっても、選手は自分で問題を解決しなければなりません。
テディスでは、普段の授業から自分で問題を解決できるようになれるよう、教え込むことはしていません。落ち着いて考えれば、問題を解決できるはず・・・
何とか競技開始時間までには対応できてよかった。。。

結果は、レスキュー日本リーグで優勝!
うまくできたこと/できなかったことをしかりと整理して次につなげていきましょう。やりっぱなしではなく、しっかりと振り返りをすることが、結果よりも大事です。