ロボット・サイエンス

ロボット・サイエンス

21世紀では、「答えのない課題に対して、周囲と協力しながら問題解決できる人材」が求められるようになっています。そして、分野を問わず大きな成果を成し遂げた人に共通しているのが、「やり抜く力」、すなわち「情熱」と「粘り強さ」を持っていることです。
実は、ロボットコンテストへ向けた活動には、こうした21世紀に求められる力を伸ばす要素が多く含まれています。テディスでは、ロボット制作のスキルや問題解決力だけでなく、チームワーク、最後まで諦めない粘り強さなど、ロボット・プログラミング学習の成果を発揮する場として、ロボットコンテストにも積極的に出場し、子どもたちの自信やモチベーションアップにつなげています。

ロボットコンテストの実績まとめ テディスでは学びの成果を発揮する場として、ロボカップジュニアを中心にロボットコンテストに積極的に出場しています。ロボコンでは、チーム...

ロボットコンテストの前には、追加費用なしで練習できる場を設定し、思う存分準備のできるようサポートしています。

ベーシックⅠ・Ⅱ

  1. 教育版レゴマインドストームEV3を使用して、ロボットが自分で判断して動く自律型ロボットの制作・プログラミングに挑戦します。
  2. モーターやセンサーの制御、条件分岐、ループの基本を中心にプログラミングを学びます。
  3. オリジナルロボット制作やプログラミング制御の試行錯誤の中で、科学的・実証的な姿勢が育ちます。
ロボットベーシック

アドバンスⅠ・Ⅱ

  1. 世界的なロボットコンテスト「ロボカップジュニア」レスキューLineとサッカー(ビギナーズ)を題材に、方位センサーの研究や変数や演算、論理など、より精密なプログラミングを身につけます。
  2. アドバンス2年目ではビジュアルプログラミングからC言語によるプログラミングへ移行を図ります。
  3. ロボットコンテストの競技を題材にチーム活動を取り入れ、問題解決力と協働力、粘り強く取り組む姿勢が育ちます。
ロボットアドバンス

ロボット・マスター

  1. C言語またはPython言語によるプログラミングを習得しながら電子回路、Aruduino言語の基本を学びます。
  2. EV3とArduinoのI2C通信により、自作センサーを使用する方法などを学びます。
  3. ロボカップジュニアなどへのロボコン参加を通して、諦めずに最後までやり抜く力、コミュニケーション能力や協働する力、プレゼンテーション能力が育ちます。

※ C言語((またはPython言語)の基礎を習得していることが参加条件です。

ロボットマスター
体験授業・教室見学受付中!

体験授業、教室見学をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。しつこい営業はいたしません(性格的にできません)ので、ご安心ください。

TEL:050-5235-6918