子どもの頃に遊んでいたおもちゃをレゴで作ってみました

メカニズム

子どもの頃に、ギアに開けられた穴にペン先を差し込み、クルクルと回すときれいな幾何学模様が描けるおもちゃ(デザイン定規?)がありました。100円ショップでも見かけますね。

今回は、これをレゴブロックで作ってきれいな幾何学模様を描いてみたいと思います。リンク機構を使って一定の動きで曲線を描きながら、台紙を回転させればうまくいくはずです。

完成したものがこれです。最初に考えていたよりもコンパクトにできました。紙を平らな四角い台の上に固定して、バッテリーボックスのスイッチを入れれば、あとは勝手に幾何学模様を描いてくれます。モーターは写っているモーター1個のみです。ウォームギアとスパ―ギアを組み合わせています。

リンクの位置を変えて2種類試してみた結果です。

ペンが土台からはみ出てしまったり、動きが少し不安定なところもありますが、リンクの位置を変えて2種類試してみた結果です。

動いている様子はこんな感じです。