MicroPythonを使ってEV3でプログラミング

プログラミング, いろいろ実験・テスト

レゴマインドストームEV3のソフトウェアのアップデートに関して調べていたところ、レゴエデュケーションのサポートページにがVisual Studio Codを使ってMicroPythonでEV3の開発環境を構築できるとの情報があったので、実際に試してみたいと思います。

その前に「Python」は、初心者にも扱いやすい言語と言われている一方で、Google・Yahooなどの企業でも利用されたり、今話題の「人工知能(AI)」や「Web開発」、「教育の分野」など広い分野で使われている言語です。Googleの検索情報を元にプログラミング言語の人気を決定する「PYPL PopularitY of Programming Language」では1位となっています。


MicroPythonでEV3の開発環境を構築する手順は、おおまかに以下のようになります。詳しい説明はレゴエデュケーションのページをご確認ください。

  1. 必要なものを揃える
  2. PC環境の準備
  3. EV3の準備
  4. プログラミング・実行

1.必要なものを揃える

MicroPythonでのプログラミング環境導入に必要なものは以下になります。

  • microSDメモリカード(SDHC 4GB~32GB)
  • SDメモリカードリーダー/ライター

2.PC環境の準備

プログラミングはVisual Studio Codeで拡張機能をインストールして行います。

  • Visual Studio Code(無料)をダウンロードしてインストールします。
  • Visual Studio CodeのEV3拡張機能(無料)をインストールします。

3.EV3の準備

マイクロSDカードを使用して起動ディスクを作成し、マイクロSDカードからEV3を起動できるようにします。

  • EV3 MicroPython microSD カードイメージをダウンロードし、保存します。
  • EtcherなどのマイクロSD カード書き込みツールをダウンロードし、インストールします。
  • 書き込みツールを使用して、ダウンロードしたEV3 MicroPython microSD カードイメージファイルをインストールします。
  • マイクロSDカードをEV3のマイクロSDカードスロットに挿入して電源を入れます(少し時間がかかります)。

4.プログラミング・実行

Visual Studio Codeを使ってプログラミングし、EV3ブロックへダウンロード・実行します。

  • Visual Studio CodeのEV3拡張機能を使ってプログラミングします(新規プロジェクトを作成すると、ビープ音を鳴らすサンプルコードが入っています)。
  • EV3ブロックへダウンロードします。
  • プログラムを実行します(サンプルプログラムを実行するとインテリジェントブロックからビープ音が鳴りました)。


現在、テディスのロボット・サイエンスコースではROBOTCを使ってC言語環境を構築していますが、幅広く使われているPython(正確にはPython3 に準拠したMicroPython)で学ぶのもよいかもしれません。もう少し検討してみたいと思います。