マインドセットとスキルセット

21世紀に求められる力について、知識や技能などの「スキルセット」と、考え方、姿勢や態度を意味する「マインドセット」の2つの側面から考えてみます。

現在の受験競争に即した日本の学びは、「スキルセット」を重視した学びといえます。「スキルセット」を軽視している訳ではありませんが、過度に「スキルセット」の習得に偏重し、結果を重視した教育は、学ぶ姿勢が受け身になってしまったり、点数(結果)ばかりを気にして間違えることを過剰に恐れるなど、マイナスの影響を見逃すことはできません。

変化の激しい現代社会では、新しい環境に適応するために「スキルセット」は常にアップデートが必要です。そのときに「主体的に学ぶ意欲がない」、「失敗を恐れて新しいことにチャレンジできない(しようとしない)」という「マインドセット」であったとしたら、どうなるでしょうか。多様な価値観や考え方が混在するグローバルな時代、「多様な価値観や考え方を尊重できない」といった「マインドセット」であったらどうでしょう。「マインドセット」は様々な行動に影響を与える大切な土台なのです。

この大切な「マインドセット」を育てる上で、幼少期はとても大切な時期です。「スキルセット」は大人になってからも身につけることができますが、一度染み付いた「マインドセット」を成長してから変えることはとても難しくなるからです。したがって、幼少期の学びでは、「何を学ぶか」ではなく「どうやって学ぶか」を重視し、「マインドセット」を育てることが重要なのです。グローバル時代を生き抜くための「マインドセット」を幼少期に身につけておけば、一生の財産となることは間違いありません。

私たちは、子どもたちに教え込むのではなく、子どもたちが「試行錯誤の中で自分の力で発見する」という学びのプロセスを繰り返し経験することを大切にしています。そこには、「自分で課題を見つける」、「自分で考え問題を解決する」、「他者と協働する」ことが含まれています。将来、社会に出たときに本当に役立つ、「周囲と協力して、主体的に未知の問題を解決できる」力を身につけ、グローバル時代をしなやかに、たくましく生き抜くことのできるようになるための「主体的な学びの場」を提供していきたいと考えています。