テディスの学び

はじめまして!

21世紀の社会では、与えられた課題を正確にこなす従来型のエリートではなく、「正解のない課題に対して主体的に行動し、周囲と協力しながら問題を解決できる、実行力を備えた人材」が求められるようになっています。

みなさんのお子さんはどうでしょうか?

  • 自分で考えること/学ぶことを楽しめているでしょうか?
  • 難しい課題に直面した時に、ワクワクしているでしょうか?
  • 失敗しても、原因をよく考え、もう一度挑戦しようとするでしょうか?それともすぐに諦めてしまうでしょうか?
  • お友だちと上手く関わることができているでしょうか?

「アクティブ・ラーニング」や「探究型の学び」といった言葉を耳にすることが増えているように、時代の変化に合わせて教育も変わりつつあります。21世紀に求められる力を身につけ、発揮していくためには、知識を身につけるだけでなく、自分で答えを見つけ出していくための考え方や姿勢・態度を身につけることが、より重要であると感じます。

レゴブロックやロボット教材を使った「ものづくり」の中て、自分の手と頭を使って試行錯誤して学ぶ、ブロックとロボットの専門教室です。教え込むのではなく、子どもたちが自分の手と頭を使って試行錯誤しながら自分の力で発見する主体的な学びの場を提供し、知識を詰め込むのではなく、21世紀をしなやかにたくましく生きていくための確かな成長をサポートしていきたいと考えています。

テディスの学びのベース
  1. コンストラクショニズム(*):
    マサチューセッツ工科大学メディアラボのシーモア・パパート教授が提唱する教育理論「コンストラクショニズム」に基づき、ハンズオンで楽しく科学を学びます。
  2. ものづくり:
    レゴブロックやロボット教材を使用した「ものづくり」の中で試行錯誤しながら課題をやり抜くことを通して、自ら学ぶ力、問題を解決する力、協働する力を伸ばします。
  3. オープンアプローチ(**)と少人数クラス:
    オープンアプローチと1クラス6名までの少人数制クラスにより、生徒ひとり一人に向き合って、多様で柔軟な考え方・積極性を引き出します。

※ *コンストラクショニズムとは?
「コンストラクショニズム(Constructionism)」とは、マサチューセッツ工科大学メディアラボのシーモア・パパート教授が提唱した教育理論/教育手法です。
「コンストラクショニズム」の考え方は、対極にある「インストラクショニズム」と比較することで分かりやすいと思います。「インストラクショニズム」では、知識は教師が一方通行的に与える(教える)ものであるのに対し、「コンストラクショニズム」では、知的好奇心・探究心を持って創造的な活動に没頭する中で、自ら知識を発見し、知識相互の関連付けをしながら作り上げていくものです。

※ **オープンアプローチ(**)とは?
答えが幾通りもあるような問題を「オープンエンドの問題」と言い、このオープンエンドの問題を課題として、生徒の多様性を積極的に生かした授業を展開していくことを「オープンエンドアプローチ」と言います。そして、答えの多様性だけではなく、解決方法や問題の多様性なども含めるようになったものが「オープンアプローチ」です。
では、オープンアプローチには、どのような教育効果が期待できるのでしょうか。子どもたちの積極的な姿勢や柔軟な考え方を引き出したり、他の子どもの考えと比較・検討することで交流を生んだり、さまざまな効果があると言われています。また、直接的な学習事項だけでなく、ものには色々は側面があること、他人の意見を知ろうとすることや、自分にないものを友だちから得ようとすること、人の気持ちを思いやることなども学ぶことができます。

テディスの特長

テディスは、「ものづくり」の中で、思考力と創造力(想像力)を駆使して、試行錯誤を繰り返して学ぶ教室です。

1.試行錯誤して学ぶ!

レゴブロックやマインドストームEV3を使った「ものづくり」を通して、自分の手と頭を使って試行錯誤を繰り返しながら、自分の力で発見・創造していく主体的な学びの場を提供します。

授業は学ぶテーマごとに次のように進んでいきます。

作る!

はじめに、学ぶテーマに関して、知っていることや実際に見たり聞いたり・体験したことなど、自分の考えを自由に発言・話し合います。正しいか間違っているか、ここでは問いません。また、必要に応じて自分たちでさらに調べます。テーマについて話し合ったり調べたりして、テーマへの興味や関心が高まったところで、簡単なモデルのカードをよく見て、正確に制作します。

発見する!

制作したモデルは何をするものなのか?どのように動かすのか?自分の手と頭を使った遊び(実験)を通して、規則性や法則性、特長や良いところなどを発見してもらいます。学年・年齢に応じて、記録に残したり、実験結果を分析したりもします。

創る!

学んだ知識を活用して、問題解決型アクティビティなどに挑戦します(時にはグループで課題に挑戦します)。問題解決型アクティビティでは、制作の見本やカードはなく、自分でデザインして制作します。強度が足りなかったり(構造)、思っていたように動かなかったり(しくみ)、一度で成功することはほとんどありません。うまくいかない原因を探し出し、問題を修正していきます。この試行錯誤する中で、「知っている」が「できる」に変化し、成功体験は子どもたちに自信を与え、「やればできる」という姿勢が身についていきます。

【問題解決アクティビティの授業例(年中児ブロック・ビルダーⅡ)】
野生動物園のシロクマにとって、夏はとても苦しい季節です。寒いところに住むシロクマには、太陽の強い日差しには耐えられません。 日差しを避けて涼しくなるための何かを考えてデザインし、囲いの中に制作します。囲いの中と外に氷を置き、ライトを太陽代わりに数分間当て続けて、制作したもので本当に涼しくなったかを実験・検証します。

シェアする!

順序よく説明したり、適切なことばを選んだり、自分のアイデアを他の人にわかりやすく伝えるための工夫が必要です。また、他の人のアイデアを聞くことで、様々な問題解決の方法があることを理解し、多様な考え方を受け入れる資質が育ちます。

2.ハンズオンで学ぶ科学教室!

ブロックやロボット教材で動くものを「作って、遊んで(動かして)、終わり」という教室ではありません。

ブロック・サイエンスでは、「テコ」、「車輪と車軸」、「滑車」、「ギア」の4つの基本メカニズムを体系的に学びます。「なぜ、こうした構造になっているのか?」、「どのようにして動きが作りだ出されているのか?」など、制作したモデルを使った実験(遊び)を通して、構造とメカニズムをしっかりと理解し、知識を活用する問題解決アクティビティにつなげています。また、学年・ステップによって、実験結果を記録したり・分析したり、検証したりと、理科(特に物理分野)の学習内容や科学的な考え方が身につくような内容となっています。

ロボット・サイエンスでは、ブロック・サイエンスで学んだメカニズムをベースに自律型ロボットの制作・プログラミングに挑戦します。「ロボット制作 => プログラミング => 評価 => 修正」というプロセスを繰り返すことで、科学的・実証的な考え方を身につけていきます。

【ジュニア・エンジニアⅠの授業例】
振り子の原理を応用した「コチコチ時計」を作ります。実験をしながら、振り子の性質についてハンズオンで学び、1分間を正確に計測できる時計作りに挑戦します。振り子の重さを変えると時計の針の進む速度は変わるでしょうか?振り子の心棒の長さを変えるとどうなるでしょうか?

3.幼稚園児から高校生までが学ぶ ロボット専門の教室!

テディスは、塾などが併設しているロボット教室とは異なり、ブロックとロボットに特化した専門教室で、現在、幼稚園児から高校生まで、テディスで学んでいます。

子どもの学びについて経験豊富な講師やロボットコンテスト世界大会上位入賞経験のある講師が在籍し、メカニズムの基本から本格的な自律型ロボット制作・プログラミングまで、子どもたちの学びをしっかりとサポートします。また、ロボット・サイエンスでは、希望者はロボカップ・ジュニアなどのロボットコンテストにも出場しており、上位入賞の実績もあります。